本文へスキップ

株式会社蓮池設計は、上下水道を専門とする建設コンサルタントです。

TEL. 053-471-3138

〒430-0906 静岡県浜松市中区住吉5-22-20

設計実績

水管橋

平成18年度 木戸町地内配水管移設工事

馬込橋施工前

施工前「馬込橋水管橋」

 旧国道1号線馬込橋に併設された水管橋は道路橋の築造以前から存在し昭和13年以前の築造と思われる。
 耐震診断の結果、老朽化、落橋防止装置がない等の問題点があり、更新計画を立案した。


馬込橋施工後

施工後「新馬込橋水管橋」

 現国道152号馬込橋道路橋の橋台を拡幅し、アラミドがい装ポリエチレン管300mmを補剛桁に乗せた4スパン45.107mの水管橋を新設した。


     

平成22年度 芳川町地内水管橋耐震補強工事(新川橋水管橋)

新川橋水管橋

 現国道150号線 新川橋道路橋の下流側に併設された水管橋(昭和44年架設、口径300A、総支間長 L=70.8m 6径間連続支持パイプビーム形式)は耐震診断の結果、上部工、下部工とも、耐震基準を満足していないため更新計画を立案した。
旧橋 口径300A、総支間長 L=70.8m 6径間連続支持パイプビーム形式
新設 口径300A 配水管用ステンレス鋼管 SUS304TP
A2-P3 単純支持形式水管橋 支間長 L=13.4m
P3-P2 逆三角形ワーレントラス補剛形式水管橋 支間長 L=34..4m
P2-P1-A1 連続支持形式水管橋(二径間)L=11.9m+11.02m


平成23年度 植松町地内水管橋耐震補強工事(琵琶橋水管橋)

琵琶橋水管橋

 国道152線 琵琶橋上流24mに併設された水管橋(昭和45年架設、口径350A、STPY400パイプビ−ム形式)は耐震診断の結果、上部工、下部工とも、耐震基準を満足していないので更新計画を立案した。
旧橋 口径350A 総支間長 L=21.6m
   単純支持および一端固定一端支持パイプビーム形式
新設 口径350  支間長 L=22.23m
   ダクタイル鋳鉄管両端固定式パイプビーム


    

配水池

富士宮市大宮配水池完成


敷地面積: 2,869.42u
  配水池 : 本体 SUS鋼板構造 22.5×20.0×6.40m×2
                容量 5,000トン
         基礎 Φ700×8.0m×98
         基礎 Φ700×7.0m× 1
         基礎 Φ700×6.0m× 7
  管理棟 : 建物 RC構造 8.55×5.35m
         基礎 Φ300×6.0m×16

平成24年度 浜松市天竜区請留配水池築造工事

  

構造形式    ステンレスパネル電気室付配水池
配水池寸法   配水池 5000×12000×4500H
        電気室 5000×4000×3000H
有効容量    230m3

平成24年度 引佐町別所配水池築造工事


構造形式    ステンレスパネル電気室付配水池
配水池寸法   受水槽 7000×3000×4000H
        電気室 7000×2000×3000H
        滅菌室 1500×1000×3000H
有効容量    70m3

平成15年度 大井上水道企業団 第5期拡張事業 牧之原配水池築造工事

牧之原配水池

構造形式   水道用プレストレスコンクリート円形水槽
       (2層式)
配水池寸法  高区 φ15000×6900H
       低区 φ14500×11100H
有効容量   高区 1000m3+低区 1800m3=2800m3


 

平成20年度 菊川市小笠上水道第2期拡張事業 丹野配水池築造工事

丹野配水池

構造形式   ステンレス鋼板製配水池
配水池寸法  φ15000×11125H
有効容量   1750m3×2池=3500m3





株式会社蓮池設計

〒430-0906
静岡県浜松市中区住吉5-22-20

TEL 053-471-3138
FAX 053-474-2653